FXの面白さとはなんなんでしょうか?

ネット上のFX会社のサイト経由で、世界の外貨を個人が自由に売り買いの取り引きするのがFXです。スタートは、1998年に「改正外為法」が施行されてからです。当初はは外貨の売買で利益が生まれるなんて、一般に人が想像できたでしょうか。

FXにはスワップ金利というシステムがあって、金利の高い国と金利の低い国の外貨を売買するとその金利差が利益として受けられます。当時はオーストラリア(豪州)やニュージーランド(NZ)などの資源の豊富な国の金利がかなり高かったので、スタート当初はスワップ金利FXに人気が集中していたのだそうです。

何しろFXは手数料の多く掛かる外貨預金よりも魅力ある投資だったのです。ですからロングトレードのスワップ金利狙いからFXはスタートしています。

では何がこんなにも人を引きるける魅力があるのでしょうか?

それぞれの国でお金の価値は違いますが、貿易では為替レートによって物が動いています。でもその為替レートが耐えず変動しているからややこしいのです。何故そんなに変動するのかというとを感単に言ってしまえばマネー経済の活発化によってです。

アメリカ経済の景気が今後良くなると考えられると米ドルの価値は上がっていきます。ですからまだレートが低いうちに米ドルを買って置こうと考える人はドル買いをします。ドルが買われると為替レートは少しずつ上がっていきます。

そして買ってずっと持っていれば良いのに、少し上がって儲かったところで売る人もでてきます。すると米ドルのレートはその分だけもとに戻っていきます。そんな小刻な変動が面白いと感じるのではないでしょうか。